ダブルワーク時代に備えよ!

ダブルワーク時代に備えよ!

 

こんにちは、スズキです。

 

 

今回はせどりではなく、ダブルワークについて。

 

 

 

最近TVで起業して頑張っている人の特集やダブルワークで成功した人の特集が多いのに気づいていますか?

 

 

 

こういった番組です。

 

僕も西野七瀬ちゃん目当てに見てました(笑)

 

 

 

テレビっていうのは時代をもろに反映します。

 

 

 

つまり、

 

ダブルーワークで活躍する人にスポットが当たるってことはみんなもやれよ!

 

っていうメッセージです。

 

 

 

大手企業のスポンサーがついて好感度の高い乃木坂が出るような番組ですので企業側もそれを認めている・・・

 

 

というより、推奨しているわけですね。

 

 

 

 

なんで推奨するかっていうと、

 

「うちではこれ以上給料払えないからね!」

 

 

っていうことだからです。

 

 

 

 

ようは皆さんに会社だけでは食べさせるの限界あるから、他で稼いでねってことですね。

 

 

 

その一方で外国人労働者を増やそうと政府は躍起になっています。

 

低賃金の単純作業をする労働者が足りないようです。

 

 

高単価な仕事やポストはこれ以上ないけど、低単価な仕事はやる人がいないってことですね。

 

今やネットが繋がっているので、海外の安くて優秀な人に仕事が回っている状況です。

 

 

ですので、このまま会社にしがみついていてもたいして給料の増えないですし、無理に出世したら人生で一番大事な時間が大きく奪われます。

 

ちなみにこれは僕の経験談です。

 

 

出世すればするほど自分の時間や自由が奪われます。

 

四六時中電話対応していたのを覚えています。

 

 

出世によって増えた給料は月2万円です。

 

年間24万円です。

 

税金が上がるので実質もらえるの20万円くらいでしょうか?

 

 

変な話数日せどりすれば終わる金額が必死こいて出世してもらえる年間のお金です。

 

 

 

別に企業批判をしたいわけではなく、会社を経営すればわかりますがこれ以上払えないんですよね。

 

自分の父親の時代は出世すれば年収が100万単位で増えましたが今は一桁少ないのが現状です。

 

 

今では

出世=派遣から正社員になる

 

っていう人が多いのではないでしょうか?

 

 

つまり全然違う時代になってしまったってことなんですよね?

 

 

スマホもってネットに繋がって便利にはなっていますが、繋がることによって日本に生まれたことによる優位性がほとんどなくなってきています。

 

逆に東南アジアや香港に生まれた方がチャンスがはるかに多いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

実際に香港やタイなどでは日本で見るよりはるかに高いビルが建ちまくっています。

 

 

 

ここまで書いて何が言いたいかっていうと、

 

ダブルワークしろよ!

 

 

 

って話ではなく、

 

ダブルワークなんか当たり前でしょ。

 

 

 

ってことです。

 

 

「〇〇に勤めています」って時代ではなく、「〇〇をやっています」って言わないといけない時代。

 

 

僕が10年以上前に必死で働いて出世して月に2万円勝ち取ったときに感じた違和感が、もう全員が感じるようになっています。

 

 

ダブルワークすらしなくてどうするの?

 

 

ってなってしまいましたね。

 

 

でもネットがあれば昔以上に稼ぎやすいし起業しやすいので、チャンスはまだまだ一杯ありますよ。

 

実際にコンサル生でも20代で年収1000万とか普通にいますから。

 

 

頑張っていきましょう!

 

副業カテゴリの最新記事