ぎっくり腰になても稼げてしまう【中国輸入】は不労所得に近いと感じた

こんにちは~。
 

 
実は先週ぎっくり腰が再発しました。
 

 
20150502163705
 

 

 
寝たきりになっていたスズキです。
 

 

 

 

 
きっついですねえ。
 

 

 
ギックリ腰。
 

 

 

 
まともに歩くことすら出来ないです。
 

 

 

 
これがサラリーマン時代に起きてたらと思うとゾッとします。
 

 
多分1週間も会社休めないから出社するだけで命がけでしょう(笑)
 

 

 
つくづく今で良かったと思います。
 

 

 

 
さて、1週間寝ている間に・・・
 

 

 
物販の在庫がアホみたいに売れていきました。
 

 

 
そして品切れに・・・。
 

 

 

 
今メインで売れているのは中国輸入の商品ですが、1商品1日50個とか売れるので油断してたらあっという間に在庫がなくなります。
 

 

 
1商品で100万以上の利益をたたいたりします。
 

 

 

 

 
とはいえ、
 

 

 
今はギックリ腰で動けないのでアルバイトさん達に出品作業全部やってもらいました。
 

 

 

 

 
中国輸入は商品を作ってしまえば、
 

 
注文→荷受け→出品作業→出荷
 

 
という流れになります。
 

 

 

 
注文はネット上だけで済みますし、出荷も郵便屋さんが荷物取りに来て終わりです。
 

 
なので、この荷受けと出品作業が主な業務になります。
 

 

 

 
もちろん中国の業者からAmazonに直接納品することも可能です。
 
ですが、これは極力避けたほうがいいと考えます。
 

 

 

 
一番の理由は品質が安定しないからです。
 

 
過去には色を間違って送ってこられたり、梱包しているダンボールが破れて荷物が壊れていたりしたことがあります。
 

 
まあそこは日本とは違う文化ってやつですよね。
 

 

 

 
なので、自分の目で商品を確認してからAmazonに送るようにしています。
 

 

 

 
中国輸入はせどりと違って、新品の同一商品を大量に仕入れします。
 

 
ですので、出品作業は誰でもできます。
 

 

 
1分も説明すれば小学生でもわかるレベルの仕事です。
 
なのですべてアルバイトさんにお任せしています。
 

 

 
実際にこの流れさえ作ってしまえばほとんどやることはありません。
 

 

 

 

 

 
ぎっくり腰になって初めて、
 

 

 
「あ、不労所得に近いものがあるなあ・・・」
 

 
って感じました。
 

 

 

 

 
これ、せどりだけで飯を食っていたら大変です。
 

 
1週間仕入れにいけないのでその間の収入源が絶たれます。
 

 

 

 
もし悪化して1か月でも入院してしまうと1か月収入が止まります。
 

 

 

 
せどり専業はその恐ろしさから逃げることが出来ません。
 
車で事故ったり、免停とかなったりすれば、収入面でかなりのダメージがあります。
 

 

 

 
なので副業でせどりで稼げるようになったら、専業になる前に2本目の収入の柱を考えておきましょう。
 

 
中国輸入はハッキリ言って、おすすめです!
 

 
せどりより敷居が高い分、成功したもん勝ち!
 

 
ではでは~!!