せどりにおいてツールは本当に必要か?!

こんにちは。
 

 
無事新潟の出品作業が終わりました。
 
今回は訳あって、代行さんが使えなかったので引きこもって自分でやりました。
 

 
ダンボール20箱くらい送ったと思います(覚えてないです)。
 

 

 
今回は読者の方からツールについて質問がありましたので、書いておきたいと思います。
 

 
tools
 

せどりにおいてツールは導入したほうがいいのか??


 
僕の見解は昔も今もこれからも変わりません。
 

 

 
「ツール無しでどうやって結果出すんですか??」
 

 
ってことです。
 

 

 
正直にいいますと、月商100万程度ならツール無しでもなんとかなります。
 
ここでいうツールっていうのは、出品や価格調整ツールのことです。
 

 
※ちなみに僕の使っているツールはプライスターです。 プライスター日本版30日間無料今ならスズキオリジナルのせどりマニュアルプレゼント!
 

 
ですがせどりで月商200万以上売るつもりなら、ツールが無いと無理です。
 

 
せどりで月商200万というと、収入にして50万円前後になると思います。
 

 

 
いわゆる本業をやめても食っていけるラインってことですね。
 

 

 
そのラインを目指すなら、ツール代をケチるのはナンセンスです。
 
というか、在庫が500個や1000個とかになってくるともはやツールが無いと管理できません。
 
在庫が100個程度ならなんとかなると思います。
 

 

 
それから、「価格調整はどうやってるんですか?」
 
っていう質問もありましたので、書いておきますね。
 

 

 

 

価格調整のタイミングは??


 

 
ほったらかしです(笑)。
 

 
気が向いたらやっています。
 

 
それこそツール任せです、ハイ。。。
 

 
そのためのツールですから。
 

 

 
僕はあまりにも売れなさ過ぎたら、損切りして資金を回収します。
 
仕入れの失敗は誰でもありますから、いちいち気にしていません。
 

 
それよりも回収したお金でまた仕入れて売るほうが健全だと思いませんか?
 

 
せどりで結果をだすには、仕入れをどれだけ頑張るかだと思います。
 
あとはツールや代行さんに任せておけばいいと思っています。
 

 
浮いた時間でリサーチしたり、相場を頭に叩き込んだりしたほうがはるかに稼げます。
 

 
忙しい中で時間を有効に使いましょう!!
 

 
ではでは〜!!